Profile


野村 亮太(のむら りょうた)ソプラノサックス

洗足学園音楽大学卒業後、渡仏。

オルネイスボワ音楽院を審査員全員一致の一等賞及び特別賞を得て卒業。

2013、14、16年キャプベルン音楽祭(フランス)出演。

ソプラノサックスからバリトンサックスまでを演奏し、様々な演奏活動を行うほか、幅広い世代への指導も行う。

近年は作曲・編曲活動にも力を入れ、IMD出版(フランス)より2作品が刊行されている。

風見 有紀(かざみ ゆき)アルトサックス

1993年11月4日生まれ。

茨城県出身。

二松学舎大学国際政治経済学部卒業。

3歳でピアノを始め、音楽好きの父の影響で音楽に親しみを持って幼少期を過ごす。

12歳でサックスに出会い、その魅力に惹かれ様々な形で音楽と関わりながらサックスを演奏してきた。

大学卒業後はライブ活動を始め、現在は精力的に音楽活動をしている。

須々木 由子(すすき ゆうこ)テナーサックス

岡山県立岡山城東高等学校普通科音楽系を経て、岡山大学教育学部を卒業。洗足学園音楽大学大学院を管楽器首席で修了。

第42回岡山県新人演奏会、第6回日本サクソフォーン協会新人演奏会に出演。第一回サンハート・アンサンブル・オーディション、優秀賞。

2015年8月、第11回ルーマニア国際音楽コンクール管楽器部門において第1位受賞。

サクソフォンを大城正司、冨岡和男の両氏に師事。

ヨークカルチャーセンター府中、昭島カルチャーセンター、スガナミ楽器西橋本センター、ウィンズミュージックスクール、各サックス講師。横浜市民広間演奏会会員。

保田 陽子(やすだ ようこ)バリトンサックス

神奈川県出身。

洗足学園音楽大学卒業。

在学中、学内の室内楽オーディションに選抜され、みなとみらいホールでの室内楽コンサートに出演。

現在は、演奏活動のほか、音楽教室講師など、後進の指導にもあたる。

Ensanble Allegroに所属。

これまでにサクソフォンを成田徹、大城正司、大和田雅洋の各氏に、室内楽を服部吉之、二宮和弘の両氏に師事。